web入門
すばらしきwebの世界

【Node.js】 環境を作る – windows編 –

2017.01.08Node.js

Node.jsを使用する前の環境構築とNode.jsのインストールまでを記載します。

なお、windows向けに記載する為、Nodistというwindows用Node.jsバージョン管理ツールを使用することを前提とします。


Nodistとは

Node.jsのバージョンを管理するツールです。windows環境向けです。
Node.jsはバージョンの更新が頻繁なのでバージョン管理ツールを導入するととても便利です。


Nodistのインストール

GitHubからインストール可能です。
https://github.com/marcelklehr/nodist/releases

最新版のexeをダウンロードし、exeを実行して下さい。
2017.1.8では以下が最新でした。

NodistSetup-v0.8.8.exe

インストールはデフォルトで大丈夫です。


Nodistの使用方法

コマンドプロンプトからNodistのコマンドを実行しNode.jsをインストールするのですが、ここではNodistのコマンドを紹介します。なお、Nodistはインストールど同時に環境変数を自動で追加する為、意識せずどのディレクトリからもコマンドは実行できます。


主なコマンド

①Nodistでインストールで出来るNode.jsのバージョン一覧を確認する。

nodist dist

②Node.jsの安定版をインストールする。

nodist stable

③Node.jsの最新版を表示する。

nodist latest

④指定したNode.jsをインストールする。

nodist + v4.2.4
または
nodist add v4.2.4

⑤node.jsの一覧を表示する。

nodist ls

⑥使用するNode.jsのバージョンを切り替える。

nodist v0.10.32
or
nodist use v0.10.32

⑦指定したバージョンのNode.jsを削除する。

nodist – v0.10.22
or
nodist rm v0.10.22


Node.jsのインストール

Node.jsのLTSは以下より確認出来ます。
https://github.com/nodejs/LTS

LTSとは?

Long-term Support のことで長期間サポートすること。

従って安定版である最新のLTSバージョンを指定しNode.jsをインストールします。

以上です。