web入門
すばらしきwebの世界

xdebug を使用する

2017.09.18Xdebug

xdebugを設定する方法の備忘録。


Xdebugの拡張モジュール


XdebugはPHPの拡張モジュールとして提供されています。
PHPの拡張モジュールはXAMPPであれば、”C:\\xampp\php\ext” 以下にdllファイルとして存在しています。Xdebugもそのうちの一つになります。
php_xdebug.dllが存在しなければ公式サイトからダウンロードしましょう。
公式サイトのダウンロードページからwindows版のxdebugをダウンロードします。

注意点として、xamppが何ビット用だったかということと、phpのバージョン、TSではない方を選択します。

ex)
phpバージョン:7.1
XAMPP:32bit版

PHP 7.1 VC14 (32 bit)

ダウンロードしたDLLを”C:\\xampp\php\ext”へ配置します。


phpの設定ファイル修正


php.iniの最終行に以下を追加します。


最後に


ブレークポイントで停止しないなどありましたが、出来てしまうと楽ですね。