cakephpインストール時のエラー対処

表題の通り、エラーが発生した時の対処方について記載します。

前提については、cakephpのインストールを参照して下さい。

以下のようなエラーが発生した場合の対処について記載します。



原因

以下のエラーメッセージが原因を物語っています。

PHP extension intl is missing from your system.

これは、あなたのPHPには extension intl がないですよ ということです。


対応

PHPは拡張モジュールと呼ばれる、プログラム(windowsであればDLL)ファイルを読み込み実行されます。

ここでは intl というプログラムファイル(モジュール)をPHPに読み込ませれば良いのです。

以下に手順を記載します。


モジュールの存在確認

PHPの拡張モジュールの格納先にintlが存在するかを確認します。

パスは “C:\xampp\php\ext” でファイルは “php_intl.dll” です。


モジュールの有効化

PHPに拡張モジュールを読み込ませる為、PHPの設定ファイル(php.ini)を変更します。

php.iniはXAMPPのデフォルトであれば、”C:\xampp\php”にあるはずです。

php.iniの以下を変更します。



・変更前
;extension=php_intl.dll

・変更後
extension=php_intl.dll


webサーバの再起動

webサーバを再起動してください。

php.iniを変更したら、webサーバを必ず再起動します。

webサーバは起動時に設定ファイルを読み込みます。

なので、webサーバを再起動することで変更した内容を読み込ませなければなりません。


最後に

初めは”PHPの拡張モジュールの格納先”ってなんだ?とか思うかもしれません。

途端に敷居が上がる感じがします。ですが、大したことはありません。

これは、PHPに機能追加するモジュールを格納するためのディレクトリです。

PHPに新しい武器(モジュール)を装備(PHPの拡張モジュールの格納先)させるのです。

PHPに装備したことを知らせるために、php.iniに武器を有効にする設定を記載するのです。

この例え、逆に分かりづらいですね。。

以上です。





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

© web.lab All Rights Reserved.