Apache PHPモジュールについて

WEBサーバでPHPを動作させる場合、ApacheをインストールしPHPをインストールするだけでは動きません。
PHPをwebサーバで動かすには大きく、3つの方法があります。

・ApacheのPHPモジュールを使用する。
・CGIとしてPHPを動かす。
・php-fpmを使用する。

今回は ApacheのPHPモジュールを使用し、PHPを動作させることについて説明します。
なお、Apache用のPHPモジュールなので、Apacheのみの話となります。

ApacheのPHPモジュール

Apacheは必要な機能をモジュールと言う単位で読み込んで使用しています。そのモジュールの中でPHPを実行する為のモジュールが存在します。
Apacheは、このモジュールを使用してPHPを動かす事が可能です。

Apacheが読み込むモジュールについては以下を参考にして下さい。

PHPの実行プロセス

ApacheでPHPを動作させる際に意識することは、PHPの動作はApacheのプロセスで実行される事です。簡単に言うとApacheがPHPを動かすと言う事です。これはApacheのモジュールを使用してPHPを動作させる為、ApacheがPHPを動かしていることになります。
Apacheのプロセスで動作すると言うことは、WEBサイトやWEBサービスにアクセスが多ければ多いほどWEBサーバ(Apache)に負荷がかかります。

PHPモジュールのインストール

それではPHPモジュールをインストールしてみましょう。

モジュールが存在しない事の確認

PHPモジュールが存在しない事を確認します。

・コマンド

なお、以下のコマンドでも確認できます。
“php” という記載のモジュールがないことを確認します。

・コマンド

PHPモジュールのインストール

PHPモジュールをインストールします。

・コマンド

インストールの確認

以下のコマンドを実行しPHPモジュールがインストールされた事を確認します。

・コマンド

・結果

15-php.conf と言うファイルが作成されていて、どうやらそこにPHPモジュールの読み込みが記載されているようです。

■ 補足
おそらく、インストールされているバージョンに紐づくPHPモジュールがインストールされます。なので、使用したいバージョンのPHPをインストールした後に実行して下さい。

モジュールの確認

PHPモジュールを読み込んでいる設定ファイルの内容を確認してみましょう。

・コマンド

・内容

modules/libphp.so、libphp-zts.so あたりがPHPモジュールのようですね。

以下のコマンドで実際にモジュールを確認してみました。

・コマンド
ls -al /etc/httpd/modules/

・結果(一部抜粋)

最後に

今回はPHPモジュールをyumコマンドでインストールしましたが、コンパイルしてPHPモジュールを作成する方法もあるようです。

© DeNnie.Lab All Rights Reserved.