Apache テストページはどこにあるのか?

Apache WEBサーバ をインストール後 テストページ を表示してApacheが動作していることを確認する事はよくあります。
ドキュメントルートにはindex.htmlがないのにテストページが表示されるので、このテストページはどこにあるhtmlが表示されるのか?と疑問に思ったので調べました。

今回環境はAmazon Linux2 docker コンテナにApacheをインストールしています。
以下を参考にして下さい。

welcome.conf

Apacheの設定は設定ファイルに記載します。welcome.conf というそれらしいファイル名の設定ファイルが存在したので、内容を見てみるとそれらしい記載がありました。

・welcome.conf

welcome.confはApacheの設定ファイルhttpd.confが読み込む設定ファイルになります。
Apacheが読み込む設定ファイルについては以下を参照して下さい。

内容の説明

テストページのステータスコードは403のようです。
ErrorDocument ディレクティブは指定されたステータスコードに紐づくメッセージを表示します。
Alias ディレクティブにより /usr/share/httpd/noindex 以下のindex.html が参照されるようです。
/usr/share/httpd/noindex 以下のindex.html を見るとこれがApacheのテストページでした。

最後に

特にありません。

© DeNnie.Lab All Rights Reserved.