【docker】docker composeを使用したLAMP環境の構築

dockerファイルを使用したLAMP環境の構築をdocker composeを使用して行います。
LAMP環境構築のポイントは以下の通りです。

ポイント

webサーバコンテナとmysqlコンテナを生成する。

2つのコンテナを同じネットワークへ参加させる。

webサーバコンテナはドキュメントルートとローカル端末のディレクトリを共有させる。

mysqlコンテナは、データをローカル端末のディレクトリに共有させる。

内容

定義ファイル(docker-compose.yml)の内容は以下の通りです。
以降は定義ファイルの記載内容について説明します。

webサーバコンテナ

docker-compose.ymlで”web”と書かれた部分は、webサーバのイメージを生成する内容になります。

dockerファイルのビルド

指定したディレクトリにあるdockerファイルをビルドします。
dockerファイルのファイル名は “Dockerfile” として下さい。

コンテナ名

ポートの開放

ディレクトリ共有

mysqlサーバコンテナ

docker-compose.ymlで”db”と書かれた部分は、mysqlイメージを生成する内容になります。

利用するイメージ

Webサーバのイメージを生成する場合、dockerファイルを利用しました。
mysqlコンテナの生成には、dockerファイルを利用したイメージを使用せず、docker hubに存在するmysqlイメージを指定し使用します。

環境設定

mysqlコンテナを生成する際に必要な環境設定値を指定します。

ネットワーク

dockerネットワークは、docker composeを実行すると自動で生成されます。

まとめ

docker composeの実行は、docker composeコマンドを参照して下さい。

© DeNnie.Lab All Rights Reserved.