Bladeテンプレート 制御構文超入門 Laravel5.8

前回はディレクティブについて説明しました。
今回は制御構文を行うディレクティブを実例と共に説明します。
前提
ファイル構成
ファイル構成は以下の通りです。
ファイル名 説明
resources/views/layouts/main.blade.php レイアウトファイル
resources/views/if/if.blade.php コンテンツファイル
routes/web.php ルーティングファイル
レイアウトファイル
レイアウトファイルは以下の通りです。

ルーティング
ルーティングは以下の通りです。

基本
@ifディレクティブは、phpの制御構文と同じです。

unless
false判定するには、@unlessディレクティブも使用できます。
以下は、@ifディレクティブを使用した場合と、@unlessディレクティブを使用した場合の例になります。
どちらも同じ結果になります。

empty,isset
empty、issetも使用出来ます。

switch
@switchディレクティブでswitch文が使用出来ます。

まとめ
次回は変数に指定された値を画面に表示します。
Bladeテンプレート データ展開