【Laravel】Bladeテンプレート コンポーネント

今回はLaravelのBladeコンポーネントについて説明します。
Bladeコンポーネントはviewを部品化して使い回す場合に便利です。

前提

ファイル構成

今回使用するファイルの構成は以下の通りです。

ファイル名 説明
resources/views/layouts/main.blade.php 親ビュー(レイアウトファイル)
resources/views/sample_01.blade.php 呼び出し元
resources/views/components/component.blade.php 呼び出され側(コンポーネント)
routes/web.php ルーティングファイル

ルーティング

ルーティングは以下の通りです。

@componentディレクティブ

Bladeコンポーネントを使用するには、@componentディレクティブを使用します。基本的なコンポーネントの使用方法の例を紹介します。

呼び出し元

呼び出し元(sample_01.blade.php)から @componentディレクティブ を使用して、コンポーネント(component.blade.php)を呼び出します。

・sample_01.blade.php

コンポーネント

コンポーネント側は以下の通りです。
$slot変数で、呼び出し元(sample_01.blade.php)の@componentディレクティブで囲われた部分を表示します。
この変数名は$slotでないとエラーになります。

・component.blade.php

実行結果

http://localhost/componentをブラウザから実行して下さい。(URLは適宜環境に合わせて下さい。)
以下が表示されます。

@slotディレクティブ

先ほどは $slot変数を使用し、呼び出し元から任意の値を受け取り、ブラウザにその値を表示しました。
呼び出し元(sample_01.blade.php)で、@slotディレクティブを使用すると、コンポーネント側で$slot変数ではなく任意の変数名が使用できます。

呼び出し元

コンポーネント側で$slot変数以外を使用したい場合、呼び出し元(sample_01.blade.php)で、@slotディレクティブを使用します。
引数にはコンポーネントで使用したい変数名を指定します。
なお、@slotディレクティブは@componentディレクティブ内で使用して下さい。

・sample_01.blade.php

コンポーネント

コンポーネント側は以下の通りです。
title変数は、呼び出し元(sample_01.blade.php)の@slotディレクティブで指定されている為、呼び出し元の内容が表示されます。
それ以外の部分は$slot変数の内容が表示されます。
$slotは呼び出し元の@slotディレクティブ以外の内容となります。

・component.blade.php

実行結果

http://localhost/componentをブラウザから実行して下さい。(URLは適宜環境に合わせて下さい。)
以下が表示されます。

呼び出し元の値を表示させない

コンポーネント側で呼び出し元に関する変数を使用しなければ、呼び出し元の内容は表示されません。

呼び出し元

・sample_01.blade.php

コンポーネント

・component.blade.php

実行結果

http://localhost/componentをブラウザから実行して下さい。(URLは適宜環境に合わせて下さい。)
以下が表示されます。
$titleがコンポーネント側(component.blade.php)にないので、“これは画面に表示されない。”という文字は表示されません。
また、呼び出し元(sample_01.blade.php)で、@slotディレクティブ を使用していますが、@slotディレクティブの外に記載した、“これは画面に表示されない。”も表示されません。

まとめ

同じようなソースコードの場合、コンポーネントを使用してみましょう。
コンポーネントという概念はよく出てきますのでその他サイトでコンポーネントの考え方について学ぶのも良いと思います。

© DeNnie.Lab All Rights Reserved.