前回までは、ビューについての説明を行いました。
今回はコントローラーの基本について説明します。
今まではルーティングからビューを表示していましたが、今回はコントローラーからビューを表示します。
前提
ファイル構成
今回使用するファイルの構成は以下の通りです。
ファイル名 説明
app/Http/Controllers/BasicController.php コントローラーファイル
resources/views/home.blade.php ビューファイル
routes/web.php ルーティングファイル
ビュー
今回、ビューについての説明はないので、内容は任意で構いません。
以下は、ビューの簡単な例になります。
・home.blade.php

ルーティング
ルーティングでコントローラーを使用するには、コントローラー名と、@以降に実行したいメソッド名を指定します。
Laravelのデフォルト設定では、コントローラーの配置場所は、app/Http/Controllers となっています。
パスを指定せずコントローラーファイル名を指定するだけで、コントローラーのメソッド(アクション)が実行されます。

コントローラー
配置場所
コントローラーファイルの配置場所は以下です。
・ app/Http/Controllers
基本のコントローラー
コントローラーを動かしてみましょう。
例として、app/Http/Controllers/BasicController.php を配置して下さい。
BasicControllerの内容は以下の通りです。
コントローラーを配置したら、ルーティングに従いブラウザからアクセスしてみましょう。

コントローラーの内容説明
名前空間
Laravelのデフォルト設定では、コントローラーの配置場所は、app/Http/Controllers となっています。
namespaceを使用して、コントローラー自身がどこにいるかを認識させる必要があります。
namespaceはPHPの機能になりますので、説明は省力させていただきます。
namespaceに App\Http\Controllers を指定すると、app/Http/Controllers と認識されます。
“App” が “app” と認識することについてはここでは記載しません。別の機会に説明します。

コントローラークラスの継承
Laravelのコントローラーは、App\Http\Controllers\Controllerを継承します。
useを使い、コントローラー読み込みます。
useはPHPの機能に機能になりますので、説明は省力させていただきます。

まとめ
次回は、コントローラーからビューへ変数を渡し方を説明します。