Laravel5.8をCentos7へインストールします。
webサーバにapacheを使用します。
準備
インストール要件
Laravelを動作させるには、いくつかphp拡張モジュールがインストールされている必要があります。
Laravel5.8のphpインストール要件を参考にして下さい。
コンポーザーのインストール
Laravelはcomposerを使用してインストールされます。
composerのインストールはコンポーザーをインストールするを参考にして下さい。
インストール
インストール場所
後に説明しますが、今回はCentos7上の以下の /www-contents ディレクトリへLaravelをインストールします。
ルートディレクトリへカレントディレクトリを移動して下さい。
インストール実行
composerを使用してLaravelの最新バージョンをインストールします。
以下のコマンドを実行すると、www-contentsディレクトリ以下にLaravelがインストールされます。

設定
バーチャルホストの設定
Laravelをインストールしたディレクトリ以下にPublicディレクトリがあります。
このディレクトリをapacheのドキュメントルートに合わせる必要があります。
今回はドキュメントルートに合わせず、apacheのバーチャルホストの設定を利用します。
バーチャルホストで設定したディレクトリをドキュメントルートとして利用します。
apacheのバーチャルホストについては他のサイトを参照して下さい。
Centos7の以下のディレクトリ(/etc/httpd/conf.d)へvhost.confファイルを配置します。
vhost.confの内容は以下の通りです。

上記vhost.confの内容を説明すると、ドキュメントルートを、 /www-contents/public へ設定し、/www-contents/public 以下の.htaccessファイルを有効にしています。
ディレクトリパーミッション
Laravelをインストールしたディレクトリ以下に、storage、bootstrap/cacheディレクトリがあります。
このディレクトリは書き込み権限が必要です。
パーミッションの設定を行います。

storageディレクトリは、Laravelがログを書き込みます。
bootstrap/cacheディレクトリは主にキャッシュを保存します。
確認
ローカルホストのwebサーバへアクセスします。
バーチャルホストの設定で、http://ホスト名へアクセスすると、Laravelをインストールしたディレクトリ以下のpublicディレクトリへアクセスします。
ブラウザへ以下のURLを入力します。

まとめ
次回はMVCモデルのフレームワークであるLaravelのViewをブラウザ画面に表示してみたいと思います。
次回:View 画面表示超入門 Laravel5.8