Webアプリケーションでは、ブラウザからリクエストを受け取り、受け取った値をデータベースへ保存したり、画面へ表示したりします。
前回は、コントローラーからビューへ値を渡し、画面へ表示しました。
今回は、ブラウザからリクエストを受け取り、受け取った値を画面へ表示します。
リクエストのメソッドはGETとし、URLへクエリーパラメーターを指定します。
前提
ファイル構成
今回使用するファイルの構成は以下の通りです。
ファイル名 説明
routes/web.php ルーティングファイル
app/Http/Controllers/BasicController.php コントローラーファイル
resources/views/home.blade.php ビュー
ルーティング
ルーティングは以下の通りです。

ビュー
ビューは前回と同様です。

コントローラー
前回同様、withメソッドを使用してビューへ変数を渡します。
前回との違いは、Requestクラスのinputメソッドを使用して、クエリーパラメータを取得しています。
inputメソッドの第一引数へ、クエリーパラメータのキーを指定します。今回は “value” がクエリーパラメータのキーとなります。
“use Illuminate\Http\Request;” で Requestクラスを読み込みます。
RequestクラスはLaravelのクラスです。
Requestクラスを使用して、クエリーパラメータを受け取ります。

確認
クエリーパラメータを指定します。
今回は”?value=aaa”とします。
こうすると、コントローラーでは “value” をキーとして、値 “aaa” を取得します。
なお、ブラウザからURLを入力すると、そのリクエストはGETメソッドとして扱われます。
ブラウザへ以下のURLを入力します。

まとめ
特にありません。